自己破産と借金の帳消し

自己破産すれば借金は帳消しになるって思っていませんか。実は、自己破産の申し立てを裁判に行っても、借金が帳消しとなってなくなるわけではありません。自己破産自体は、自分の能力では借金を返済することはできませんと宣告することで、自分の財産を換金して借金の返済に充てることになります。しかし、借金の返済に充てるくらいの財産を持っているのなら、最初から自己破産などしないでしょうしそもそも借金をしなくても財産を売却してお金を用立てれば済むことなのですが、ほとんどの人の場合は、財産といっても住宅ローンが残った家か車くらいになりますので、借金の残高にもよりますが完済できるほどではありません。よって、自己破産を行っても財産を換金して債権者に分配しても差額の借金が残ってしまうのです。

そこで、残った借金を帳消しにしてもらう免責の手続きを行うことになります。ただし、免責手続きはあくまでも任意なので、残った借金を返済できるあてがあれば免責を行う必要はありませんし、もしそうした場合では免責が却下となることもあります。しかし、残った借金を返済するあてがない人の救済として免責というものがあるのです。この免責は重要なことで、残った借金の帳消で自己破産することによる債務者にかかる不利益もなくしてくれる制度なのです。確かに自己破産による社会的な制約はありますが、免責されることにより借金を帳消としたことの罪は一切問われないことになるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事