借金整理に陥りやすいパターン

借金整理に陥る要因としては、会社が倒産やリストラにあったりして収入が断たれてしまい、住宅ローンなどの返済が滞ってしまったり、自営業者なら取引先の倒産であてにしていた入金が不渡になってしまい借金返済ができなくなってしまうような、自分が直接の原因でなく第三者の影響を受けてあげなく借金整理を行うのは仕方ないと言う見方もできます。しかし、必要以上の買い物やクラブなどの水商売への貢ぎ過ぎによりキャッシングを繰り返して返済に困ってしまい、借金整理を余儀なくされる人もいます。これは、どちらかと言うと昔からよくある借金地獄になるパターンと言えるもので、最近は不景気と言うこともあって以前よりは減少傾向にあるそうです。しかし、借金整理に陥る人は年々増え続けており、先の事由以外にも借金整理になると言うことです。

昔から女遊びと借金は男の甲斐性と言われていますが、確か借金整理になる人は男性が多いのですが、女性の借金整理になる人が確実に増え続けていると言うのです。この背景には、女性の社会進出が進んだことにより、クレジットカードやカードローンを持つ女性が多くなっていることが起因しているようです。統計によれば、買い物の回数は圧倒的に女性のほうが多くあり、身だしなみにおいても同様になっています。買い物やエステやヘアのセットなどの支払いを、毎回クレジットカードなどを使っているうちに、返済が進むよりも借りるほうが圧倒的に多くなってしまい、返済できなくなってしまうことが多いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事