借金整理のタブー

借金整理を行ううえでやってはいけないことがあります。借金が原因で借金整理になったわけですから、また借金をするのは当然控えるべきことですし、銀行や消費者金融、クレジットカードがしばらくは使えなくなってしまいますが、7年以上経過すればまたカードローンやクレジットカードが使えるようになりますので、強い自制心を持つか周りの人にも協力してもらわないといけません。しかし、会社の倒産やレストラによって借金整理となってしまった人の多くは、自分の責任でないにもかかわらず自殺の方法をとってしまうのが多いという統計が出でいます。また、借金の返済のために強盗などの犯罪を犯すこともあり、借金整理によって人生そのものがくるってしまう人が多くいるのが現実です。こうした人たちの多くは、まじめで責任感が強いことが多く、誰にも相談せずに自分で解決しようとする傾向があります。現在は、インターネットで色々なことを調べられますが、どの情報が正しいのかしっかりと見極める必要がありますので、こういう時だからこそ専門家の弁護士などに相談すべきではないでしょうか。

借金整理になると生活を自粛する人もいます。これ自体いけないことでなく、二度と借金整理にならないためにも大切なことなのですが、家族や親類にも影響が出るほどの自粛する人も中にはいます。特に子どもがいると、弁当を持たせて給食費を払わなかったり、修学旅行や校外活動に行かせないと言うことで、積立金を払わない人もいるそうです。また、親類の冠婚葬祭を断ったり、出席しても香典や祝儀を出さないこともあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事