借金整理の相談に必要なこと

借金に困っている人は、必要以上の取り立てやお金の用立てなど毎日の生活も支障を来たすほどで、神にすがる思いにちがいありません。こうした状況になると正しい判断ができなくなったりしますので、弱みに付け込んだ悪質な誘いに乗りやすくなってしまいます。悪質な業者などは言葉巧みにあまい誘いで声を掛けたりしてきます。特に多いのが、借金の無料相談でないでしょうか。よくテレビCMで借金の相談は無料と弁護士や司法書士が謳っていますが、彼らが悪いとは言いませんが、よく考えてみてください。相談事を弁護士に持ちかければ、1時間幾らで相談料が決められています。これを借金相談は無料と言うと仏様のように聞こえるのですが、介護や会社のセクハラやパワハラなど社会的な問題でも弁護士に相談すれば費用はかかるのです。弁護士や司法書士は、借金の問題にたいしてまずは無料で相談を受けて、利息制限法で利息の過払い請求を行うことが多いのですが、この過払い請求で戻ったお金を成功報酬などの費用として差し引いてしまうことが多いのです。ですから、過払い請求で利息が戻ってくると期待したはずが、弁護士費用にほとんどが消えてしまうことはざらにあるようです。まだ、これならマシで、ひどい弁護士になると業者と繋がりをもっていて紹介手数料をさらに上乗せしてくることもあるくらいです。

そらには、非営利団体であるNPOでも同じことがあるようです。まずは、借金の相談をする前に、相談した後のかかる費用のことをしっかり聞いておく必要があります。必要ならば、市区町村が開催する無料相談をまずは利用したほうが無難と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事