自己資産に必要な費用

自己破産の手続きを行うためには若干の費用がかかります。自分の資産やお金がもうなくて断腸の思いで自己破産に踏み切ったのに、ここにきてまだお金を要求されるのと思うのですがねそこは決まりなので、割り切れない思いはありますが仕方ありません。自己破産手続きを行うと幾ら必要になるのかはある程度把握しておいたほうがよいでしょう。まずは、自己破産の申し立てを行う手数料として、1500円の収入印紙を申し立て書に貼ることになります。ちなみに、1500円には免責手続きの費用も含まれています。では、1500円以上お金を出せないくらい困っている人は、破産手続開始と同時に財産を換金するための破産管財人を決定せずに手続きは終わることになりますが、しかしなぜか2万円の手続き料はしっかりと請求されます。そして、不動産などの財産がある人は、予納金とし手続き料を納めなくてはなりません。予納金は、概ね20万円~80万円が必要となってきます。

自己破産に必要なお金は。2万円~20万円は必要になってきますが、サラリーマンなど定職があれば給料から手続き料を捻出することはできますが、自営業の人はかなり厳しいことになります。もし、自己破産の手続き料も用意できないことでしたら、裁判所の相談窓口で相談してみるとよいでしょう。まったくの無料にはなりませんが、支払い猶予をしてもらえることになるでしょうし、生活保護を申請して保護費の一部を流用して分割して納入することもできるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事