親権争いとシングルマザー

離婚などの際に問題が出るのが子供の親権です。普通は一緒に生活をしている方が監護権、子どもを育てる権利と義務を負うのですが、時に荒れることがございます。様々なパターンがあるのですが、よくあるのが男のお子さんを「この子は跡取りだから」と父方の親族が親権を強く主張してくるパターンです。すごいと勝手に連れ出してしまう方がおいでですよ。女の子の場合でもそういうケースはございます。時にドメスティックバイオレンスの被害者を親族が探し回ることもございます。その時に盾になるのが親権なのです。
離婚調停の場合、子供の親権や監護権はより養育に相応しいと裁判所が判断した方に委託されることが多いのです。同居をしていないと、若干親権争いに不利になることが多いのです。
では親権が無いと、母子手当て、すなわち児童扶養手当はもらえないのでしょうか。これはケースバイケースですが、お子さんがおいでの世帯主、母子家庭の場合はお母様に受給の資格があると判断されるケースが多いようです。ただし、100パーセント受けられるという事ではありません。
ここで少し監護権と親権についてお話いたしましょう。この両者は通常離婚の際にセットとなって親御さんのところに来ますが、親権が父方に、監護権は母親にというケースもまれではございません。親権は子供の財産および法的権利を管理守護する権限、監護権は養育して適切な生活援助を行う権限です。母子手当ての場合監護権を持っている人が受給するのが普通です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事